フローリングワックス

ワックスはフローリングなどの床材を保護するためのもので、歩行や生活によって徐々にすり減って摩耗します。
放っておくとよく歩く導線部分のワックスはすり傷や汚れが増えて見苦しい状態になってしまいます。

またフローリングなどの保護効果も無くなりますので定期的なワックスによるメンテナンスをお勧めします。

←作業前の写真です
濃色系のフローリングなので、すり傷や汚れが目立ちやすく、
白く曇ってもやもやしています。

お客様はメンテナンス方法に困ってのご依頼でした。




←作業後の写真です。
フローリング洗浄後に剥がれたワックスを部分的に補修
ウレタン配合高耐久ワックスを2回塗布して乾燥させた状態です。

かなりピカっと光って外の景色が映りこんでいます。
お客様にメンテナンス方法をお教えしたので
しばらくはピカピカを維持できるといいですね。

使用状況にもよりますが、

3年ぐらいの周期でのプロのメンテナンスをお勧めします。
 


1.わかりやすい料金で安心!
『見積金額よりも高い金額を請求されそうで不安』
事前にご説明した代金・有料駐車場代金以外の費用は一切かかりません。
※お客様のご希望で追加作業が発生した場合は別途費用が発生します。

 

2.川崎横浜中心の地元密着営業だから安心!

川崎生まれで川崎育ちの店長による、川崎横浜を中心とした地域密着営業ですので、アフターサービスもスピーディーで万全です。

3.抗菌仕様・シックハウス配慮ワックスで安心!
『ワックスはシックハウスの原因だと聞いたので不安。』

★当店のワックスはここが安心!★
  
【シックハウス対応】
使用するワックスは厚生労働省指針値該当成分(13物質)を含みません。抗菌仕様…抗菌仕様でカビや細菌を抑制します。

当店で使用するワックスについて、MSDS(製品安全データシート)より抜粋

環境ホルモン疑義物質:原料として使用していません
 
化学物質管理促進法(PRTR 法)規制該当物質 :原料として使用していません

シックハウス・シックスクール配慮(VOC の使用)
この製品には、室内空気汚染の原因とされる厚生労働省指針値該当13 物質成分を原料として使用していません
 
 改正建築基準法における建築内装材の規格
  当該法律に言う建築材料には該当しません
  ホルムアルデヒド放散速度は、5μg/m2・h 以下(JIS A 1901)です
 
 学校環境衛生基準該当物質 
  原料として使用していません


▲ご注意ください▲
当店で使用するワックスは文部科学省の学校環境衛生基準検査対象物質は指針値以下ですがシックハウス症候群を発症させる原因物質やその条件は個人差があります。

場合により、弊社のワックス施工によってシックハウス症候群を発症したり、症状を悪化するケースがありますので予めご了承ください。

4.作業スタッフのハズレなしで安心!
『アルバイトや経験の浅い人が来たらどうしよう』
ご安心ください!かならず経験14年のベテラン店長がおうかがいしますので、ハウスクリーニング作業スタッフのハズレがありません。
また、クリーニングのご依頼内容によっては複数人でおうかがいしますが、いずれも経験を積んだプロの仲間とおうかがいしますので安心です。

 

 

5.賠償責任保険加入済みだから、万が一事故が起きても、個人店でも安心!

『個人業者だから事故が起きた場合の対応が不安』

慎重に作業を行いますが、万が一お客様のご家財に損害を与えてしまった場合は
責任を持って対応します。そのための賠償責任保険にも加入しております。


フローリングワックス 工程

★ワックス施工の工程★

  1.掃除機がけを行い、床面のゴミを取り除きます。


  2.洗剤を使用して床洗浄を行い、油分や汚れを除去します。


  3.ダスタークロスで細かいチリなどを徹底的に除去します。


  4.下地となる密着性の高いワックスを塗布し、よく乾燥させます。


  5.仕上げのワックスを塗布します。(状況に合わせて何層か塗ります)


  ※家具がある場合は作業前に移動を行います。
  (人数が必要な場合がありますので、必ず事前にご相談ください)
  
  ※ピアノ、タンス等の重量物の移動、
   電気製品の複雑な配線等はお断りしております。